自家焙煎を始めた理由

「こやまこおふぃ」を始めた時、
コーヒー豆は経験豊富なコーヒー会社から仕入れていたので、
難しい焙煎をする気はまったくありませんでした。
しかし仕入れたコーヒー豆は古く問題がありました。
豆の鮮度に関しては何度取り替えてもダメで、結局自分でコーヒー豆を焙煎する事が、
一番の解決方法だと思いました。

自家焙煎を始めた理由

「自家焙煎」と一口に言っても機械を買って簡単にできるわけではありません。
当時焙煎技術を高額で教える所は知っていましたが、そんな余裕もありませんでした。
程なく今までお世話になった方のご紹介で、焙煎技術を習う事が出来ることができました。

しかし、習っただけでは思った通りの焙煎とは程遠く、
納得の行く焙煎が出来るまでは細かい修正を繰り返し、
火力の調節や時間など、微妙な違いを何度も何度も修正を繰り返しながら、
コーヒー焙煎が出来るようになりました。

最高の焙煎を目指して

当初小さな焙煎釜を使用して自家焙煎を行っておりました。
しかし、しっかりした焙煎を行う為には、
火力があるガス釜を使った本物の焙煎機でなければ、
美味しい「コーヒー豆焙煎」は無理だと悟りました。
自宅の駐車場を改造して「直火焙煎機・5キロ」を設置しました。
住宅街に10メートル余りの煙突が立ち場違いな風景も、
今では遠方からお越しになるお客様の良い目印となっております。
いまでも本当に納得のいく焙煎は難しく日々努力を積み重ねています。

奥の深いコーヒー焙煎

美味しいコーヒーのために

焙煎技術の次の問題は美味しいコーヒー生豆を仕入れることでした。
お客様に美味しいコーヒー豆を提供するには、
素材のコーヒー生豆で「味」の基本が決まるからです。
そのコーヒー生豆を調べてみると、
品質・価格が想像していたよりはるかに豊富なことに驚きました。

日夜努力中です

私が仕入れの際に特にこだわっているのは、
「安全かつ安心」なもので、できるだけ無農薬で環境に優しく、
生産者がわかる美味しい豆を選んで仕入れています。
コーヒー豆は、世界60数カ国で栽培・生産されています。
又、その国の収穫される地域でも香味が変わる不思議な生産物です。
当店でもまだほんの一部の国のコーヒー豆しかご提供できておりません。
これからもいろんな国の美味しいコーヒー豆を探して、
お客様に飲んで楽しんでいただこうと思っています。
毎日の天候や季節を考えながら焙煎する今も、
「幸せこおふぃ」を目指してコーヒー豆と焙煎機に向き合う日々です。