こおふぃ豆の保存方法

コーヒー豆は鮮度が命です。
出来るだけ短い期間で飲みきれる量を買うことをおすすめしますが、なかなかそうも行かないもの。
そこで新鮮に保つコツをお教えします。

コーヒー豆を保存する時、常温で空き缶などに入れて保存されている方が、以外に多いのではないでしょうか?

実はコーヒーの香りの元はアロマガスと呼ばれるガスなのです。
常温で保存するとアロマガスが抜けやすくなり、せっかくのよい香りをみすみす捨てていることになります。

よい保存方法とは、アロマガスが抜けにくい状態を保つということになります。
ではそのためにはどうすればよいのでしょうか?
アロマガスは冷温だと抜けにくい特性があります。
家の中でヒンヤリしているところといえば、そう、答えは冷蔵庫。
中でもチルドルームや野菜室はおすすめの場所です。
ただ、冷蔵庫であればよいかというと、そうではありません。
冷蔵庫の中は臭いが移りやすいという問題があります。

できるだけ空気に触れない容器などに入れて、保存することをおすすめします。
例えばビニール袋やタッパ、ジップロックなどにに入れて保存するのがベストです。
そのときに、保存した日時を書いておくと後で分かりやすいですよ。
もう少し長く保存するには、「冷凍庫」に入れて保存すると、コーヒー豆の場合で1~2ヶ月くらい、挽き豆でも2〜3週間程度持つようです。

しかしいくら日持ちがするからといっても、やはり「味・香り」を楽しんでいただくためには、2週間分くらいをこまめに、できれば「豆」でお買い求めいただくのが一番だと考えます。

豆の保存場所