コーヒー豆本来の味を引き出すため手間手間かけています

幸せコーヒー

挽いたばかりのコーヒー豆にお湯を1滴、1滴垂らすと、
素晴らしい香りとともに、ブクブクと泡を立て盛り上がってきます。

ブクブクコーヒー

これは、コーヒーの中に閉じ込められていたアロマガスや炭酸ガスが出ている証拠です。

このアロマガスこそがコーヒーの「香り」や「旨み」そのものなのです。
アロマガスは鮮度が命であるため、常温のまま何もしなければ、コーヒー豆からどんどん抜けていきます。
ガスはカプセルのようにコーヒー豆の殻に閉じ込められているので、挽き豆にするとせっかくの香りがあっという間に抜けてしまいます。

ですのでこやまこおふぃでは、焼き置きせずに毎日必要な分だけ焙煎し、最適な状態でお客様へお届けしています。

生豆に混ざっている悪い豆をハンドピッキングによって取り除きます

ハンドピック

普段あまり見慣れないコーヒーの生豆です。
グリーンビーンズとも呼ばれます。
一見全て同じような豆ばかりに見えますが、虫に食われているものがあったり、
ひびが入っているものがあったりして、この状態で焼くと均一には焼き上がりません。そのためには手作業によるピッキングが欠かせません。

この作業を怠ると嫌な味が残ったり、キレのない雑味の残ったコーヒーになってしまいます。

コーヒーは生き物。焙煎はコーヒーとの会話

ガスや空気の量を調節します

焙煎中は、温度計を見たり火力を調節したり、
釜の中に空気を送り込んだりと、
焙煎機から目が離せないとてもデリケートな作業です。
こやまこおふぃでは深煎り少し前のシティローストから、
フルシティローストくらいを目安に焙煎します。
丁寧にしっかりと火を通すことにより雑味や酸味が抜け、
胃もたれしにくいコーヒーになります。

最近は酸味を楽しむ傾向の豆もありますが、こやまこおふぃではコーヒー本来の力強い苦味とコクを大切にしています。

焙煎が進まないように一気に冷やします

焼きあがった豆は冷却機で一気に冷まします。
少しでもベストな状態で焙煎を止めるためです。
そうしないとちょうどよい加減で焼きあがったコーヒー豆の香味が変化してしまうからです。

釜から豆を取り出すと冷却機でコーヒー豆を受け、一気に底面から空気を吸い込み熱を取っていきます。

最後にもう一度割れた豆がないか確認します

最後に焙煎した豆もピッキングします

焼きあがった豆を再度確認します。
高温で熱せられた豆は生豆の時にきれいでも、割れたりするものがあるために必ず目で確認します。
そうしないとすっきりとした味わいは生まれません。

カップテスト

焙煎した豆をカップテストします

最後に焼きあがったコーヒー豆のカップテストを行います。
味・香り共に納得のいくものをご提供できるよう、
日々努力を重ねております。