コーヒー豆販売を通じ持続可能な生産者と消費者との関係を目指しています

「こやまこおふぃ」の理念は、どなたでも「こおふぃ」の「香りと味」で、ほっとする幸せな気持ちになっていただくこと。
そして手軽に美味しく飲める「こおふぃ」で社会貢献することです。
それが「こやまこおふぃ」の願いであります。

フェアトレードの活動

「コーヒーの危機」が叫ばれる本が出版される程、コーヒーを取り巻く環境はとても難しく、世界のコーヒー生産者は厳しい生活を強いられています。
私達は、安全・安心で「美味しいコーヒー」を提供するものとして、生産者にも安心して生活が送れ、これからもずっと美味しいコーヒーを生産してもらえるよう購入した代金が彼らに届くよう願っています。
しかし現実はほど遠い状況です。

この問題を解決できる方法の一つに「フェアトレード」があります。

こやまこおふぃでは、ルカニ村フェアトレードプロジェクトに参加し、
コーヒー教室で得た売上は全てこのルカニ村フェアトレードプロジェクトに寄付しています。

東ティモールのコーヒーの収穫

また、弊社で取り扱っている一部のコーヒー豆はATJを通じて仕入れています。
ATJはフェアトレードによって仕入れた豆を購入販売している団体です。

こやまこおふぃは生産者が自立し、彼らがずっとコーヒー豆を作り続けられるよう、コーヒー豆販売を通じて応援していきます。

農場直送や生産者の顔が見えるコーヒー豆を取り扱っています

コーヒー豆の生産者や栽培方法などを知り、農薬・化学肥料をできるだけ使わないコーヒー豆を販売するよう心がけています。
こやまこおふぃのコーヒー豆は「安全・安心」を基本としています。

自宅にコーヒー豆焙煎機を設置してからは、「新鮮」で「香り・味」が良く、身体にも良いコーヒーを心掛けて焙煎しています。